Posted by at

2012年06月26日

チュールレース・ケミカルレース

昨日はインポート生地の展示会に行って来ましたよ。

photo:02



この秋冬も、春夏に引き続きレースが多かったですね。

チュールレースにケミカルレース。

多くの種類と、

色があり

綺麗でした。
photo:03



乙女心をくすぐられる、

魔法のレース。


まさに歴史とファッションは繰り返される…

30年前に流行ったケミカルレースが

色とりどりに、

軽くなった生地に進化していました。

懐かしいと思われる方もいらっしゃるでしょうね。
photo:01


チュールレースも

色鮮やかに、

ビーズやパールが贅沢にあしらわれ…

中世ヨーロッパに舞い降りたような…

そんな華やかな気分でした。(笑)
photo:04


【フランス製チュールレース】

沢山のインポート生地を見て、

触って、

お気に入りの生地を予約。

仕入れてきましたよ。

秋冬の

ウール地のレースが珍しく。

もちろん仕入れました。

数に限りがあり、

希少だからこそ

価値があるもの。

素敵な生地に出会った時は、

早めのご予約をオススメいたします。

ケミカルレースとは、
地布にミシンで刺繍(ししゆう)したあと、薬品で地布を溶かし、刺繍だけを残したレース。
photo:05



photo:06



チュールレースとは、
細かい網目模様のチュールの布地に刺繍を施したレースのこと。
photo:07



今年もあと6ヶ月。

レース生地のお洋服で

素敵な乙女心を

思い出して…



iPhoneからの投稿  


Posted by SaRi at 08:56Comments(0)SaRiのブログ

2012年06月21日

SaRiオリジナルユニフォーム

SaRiオリジナルユニフォーム

こんなこともやってます。。

$サリのブログ
【SaRi Brandの園服】くりす園様



オリジナルユニフォームのデザイン&オーダー。

ユニフォームはその会社の顔。


イメージはとても大切ですね。


大手ユニフォームメーカーでは

対応できない

細やかな

機能性や

社長の想い。


自社ブランディングするユニフォームをデザイン製作しています。


只今、オーダー頂いているのは2社。


フラワー・スタジオケイコ

代表の永田敬子社長さまの

ユニフォーム。


空間をお花で表現するフラワーアーティスト。

http://www.fskeiko.com/


作業をしやすく、かつ

急な打ち合わせにも対応できるユフォーム。

想いは

シンプルで品が良く

スタッフ社員とちょっぴり差を付けた

社長専用ユニフォーム。


希望は

右から取り出す鋏が邪魔にならないデザイン。

眼鏡をかける箇所。


昨日仮縫いが終了しました。

$サリのブログ

とても華奢で、

小柄な体からは想像できないような

思い切ったフラワーデザインがとても好きです。


尊敬できる素敵な女性。

憧れです。

そんな永田様のユニフォームが

SaRiのブランドになることがとても光栄に思います。


フラワー・スタジオケイコさまの

価値をあげていける

自社ブランディングするユニフォームに

どうぞご期待下さい。




そして、もう一社のご依頼も女性社長。


女性経営者はファッショナブルでいいですね。


(有)エンゼルサービス

ご葬儀の際のメイクをされる会社です。


女性スタッフの為のユニフォームを20着。


テーマカラーを用いながら、

オリジナルでカワイイユニフォームのご依頼です。

こちらの会社も、

自社ブランディングするユニフォームをデザインさせて頂きます。



制服を着ることで

今日一日が

素敵に

楽しくお仕事ができる

そんな

ユニフォームを

ご提案いたしますよ♪



注文服(オーダー)と既製品の大きな違いは

その方の思いと価値を引き出すこと。

希望や夢、生き方までも

しっかり聞いて、

お洋服にデザインしていく。。。

それが、私の使命であり

誇りの持てる

お仕事だと思っています。


$サリのブログ
【SaRi Brandのエプロンと帽子】世良精肉店様

$サリのブログ
【SaRi Brandの白衣】木村歯科様

詳しくはSaRiのホームページ コレクションをご覧くださいね
こちらからどうぞ↓
http://www.sari-yamagata.com/index.php?data=./data/l3/


オートクチュール SaRi

《ホームページ》http://www.sari-yamagata.com/  


Posted by SaRi at 10:52Comments(0)SaRiブランド

2012年06月19日

香港へ。

6月19日(火)雨


梅雨です。。

昨日から

台風の影響もあり

シトシトと。。。


早いもので、6月も半ば。。。


毎日毎日

多くの業務に追われ。。

毎晩毎晩、

「何か大事なこと、し忘れているのではないか。。」

と、自問自答しながら。。


充実していると言えばそう、

仕事に追われていると言えばそうで。。


基本、超前向きポジティブ派。

充実している!

ということにしときましょう。。


さて、

し忘れている事柄のひとつにこのブログの更新。

「ほぼ毎日更新!」

と、掲げながらも

9日間放置はいけませんね~~(反省)


そうなんです。

知っている方は知っている

来月、香港へ行ってきます!


香港へ視察に行ってきます!!


海外進出も視野に入れての視察ツアーに参加してきますよ。

さてはて、どうなることかはその後にして、まず行動!(笑)


7月6日~9日まで

SaRiは日本を留守にします。


なので、お仕事を繰り上げて

忙しくしているのであります。。


若手縫製スタッフも育ちつつ。

遅くまで頑張っておりますよ。

嬉しいかぎりでございます。


ここで、

仕上がった最新作を一気に公開

ご紹介しますね。





$サリのブログ

$サリのブログ
【MOSCHINO コットン100%】


$サリのブログ
【刺繍入りサッカー 綿100%】

$サリのブログ

$サリのブログ
ワンピーとお揃いのパラソル

$サリのブログ
麻100%

$サリのブログ
綿・麻

$サリのブログ
【MOSCHINO シルク100%】cherryのワンピース

$サリのブログ
綿ジャージーのワンピース 綿100% ITALY

$サリのブログ
Masakoのワンピース

$サリのブログ
リボンの位置を変えると、ドレッシーに。。
パーティーにも

$サリのブログ
SaRi特製ボレロと合わせて。。
こんな感じでお出かけ♪



ではでは、

いまから納品と打ち合わせに北九州まで行って参りますぅ

雨。雨。。雨。。。  


Posted by SaRi at 10:53Comments(0)SaRiブランド

2012年06月10日

大切なお洋服のお直しは仕立屋さんで!

大切なお洋服のお直しは仕立屋さんで!

最近、多くのお問い合わせを頂くのが

「仕立」

で検索されたお客様。



仕立てを専門とするオーダー店は

技術職!!


お洋服の構造や

技術のノウハウ

素材やお洋服の価値。

その方の体型からの

着心地や

ファッションマナー

まで

詳しく理解しています。


私のところにも

大切な思い出の詰まったお洋服をお持ちになられて

ご相談を受けます。


問題点は

一度拝見させて頂けたら

直ぐに解ります。


着にくさや、

どうして古く見えるのか。

どうしたら、その方を

また、輝かせられるお洋服に生まれ変わるのか。。

長年の経験から解るんです。


なんとなく捨てられずに取っておいたお洋服たちを

蘇らせる

リバースする。。



リフォームでも

リメイクでもなく

リバース


蘇らせて

また、

思い出のお洋服と

今の時代を

輝いてみませんか?


お洋服の無料相談承ります。


・タンスで眠っているお洋服

・お気に入りだったけど、入らなくなってしまったお洋服。

・デザインが古くなったブランド服。

・思い出のつまったお洋服。


その他、お洋服に関するお悩みやご相談

まずは、メールにてお気軽にお問い合わせくださいね。


リフォームするまでの価値や、金額。

お見積り

無料です。


【お問い合わせ】

メールでどうぞ↓

info@sari-yamagata.com


ホームページのお問い合わせフォームからもどうぞ↓

http://www.sari-yamagata.com/index.php?data=./data/l6/

こちらから、お返事いたします

$サリのブログ
  


Posted by SaRi at 09:44Comments(0)

2012年06月06日

SaRiのホームページがリニューアルしました!

SaRiのホームページがリニューアルしました。。

$サリのブログ

ご存じの方もいらっしゃるかも。

オートクチュールSaRiのホームページを一新!

雰囲気もガラリと変えてみましたよ。

進化した

SaRiのホームページをどうぞご覧くださいね。

こちら↓

http://www.sari-yamagata.com/


このホームページを改装、リニューアル製作して下さったのは

ELFA.studioの

山本なおこさん

http://www.elfa-studio.com/

限られた条件の中で

大変身させてくれましたよ。

女性らしい

細やかな心遣いが

このホームページにも表れているのでしょう。。

ありがとうございました。

まだ、コレクションのページは

日々進化させていきますよ。

どうぞ、お楽しみに  


Posted by SaRi at 11:53Comments(0)SaRiのブログ

2012年06月05日

2012夏 新作インポート生地展示会のご案内

2012 夏新作展示会のご案内

$サリのブログ

■福岡展示会■

日時:2012年6月25日(月)am10:00-pm7:00

        26日(火)am10:00-pm5:30

会場:TKP博多シティーセンター階 九重
   福岡市博多区博多駅前3-4-8



伊・仏・英などの輸入婦人服地卸商社
(株)レモラファブリック
http://www.remorafabric.co.jp/top/

http://www.remorafabric.co.jp/?post_type=fabrics_episode


2012年新作舶来生地の展示会です。

世界の生地、珍しい生地、贅沢なレースなど

普段ではちょっとお目にかかれない

多くの生地をご紹介。

1000点以上の舶来生地を展示。

$サリのブログ


わたくし、SaRiがご案内いたします。

年2回の開催となっております。

次回開催は来年1月の予定ですので、

この機会にぜひ、

世界の生地に触れてみて下さいね。



完全予約制です。

ご予約をお願い致します。


【ご予約方法】

下記フォームにご記入の上、FAX・E-mailにてご予約下さい

お会いできるのを楽しみにしています。


・・・・・(切り取り)・・・・

2012年夏新作生地展示会

■ご予約フォーム

【ご予約日時】

【お名前(フルネーム)】

【連絡先】

【e-mail】


【ご同伴者様】



■お申し込み先■

【FAX】092-586-7274

【e-mail】info@sari-yamagata.com

 オートクチュールSaRi


こちらからでもご予約出来ます↓

オートクチュールSaRi ホームページお問い合わせ
http://www.sari-yamagata.com/index.php?data=./data/l6/


オートクチュールSaRi

【ホームページ】http://www.sari-yamagata.com/

$サリのブログ

$サリのブログ
  


2012年06月02日

「仮縫い」とは?

仮縫いとは??

クチュリエ養成講座で仮縫いを実践体験しました。


講座では

基本の縫製の部を指導しています。

「基本は縫うこと」

この基本がなければ

本物は出来ませんね。


カリキュラムもほぼ終わりに近づき、

若手クチュリエが

仮縫いを実践体験。



そこで、

「仮縫い」とは?


説明いたしましょう。

仮縫いとは、簡単に言えば

既製品とオーダーとの大きな違い。


出来上がっている既製品のお洋服にはなく、

オーダーならではの作業と言ってもいよいでしょう。


その方のサイズに合わせて、細かくピンワークするのです。



オーダーでは、その方に合わせて一枚の生地から

作り上げていきます。

生地を選んで、デザインを決めて、その後採寸。


20か所以上もの箇所を細かく採寸するのですが

やはり立体の体と平面での製図だけでは、微妙なフィッティングが必要となります。


そこで、お洋服を仕上げる前に

仮でお洋服を作ってしまうのです。


一度、その方に着てもらい、フィッティング。



人の体は様々で、

製品の号数だけではない、ウエストの位置や肩の高さを細かくチェック。


お洋服は肩で着る。

と言われるほど、肩線(肩)は大切。


着にくい!

と、思うお洋服はこの肩線が合っていないから。


動きにくい!

と思うのは

アーム(袖周り)が合っていないから。


なんとなく、ダサく見えたりするのは

ウエストの位置がお洋服のウエストの位置と合っていないから。


借りてきた衣装のように見えるのは、袖や裾の長さが合っていないから。


せっかくの自分の為のお洋服ですものね。

その方の魅力を最大限に引き出して、「なりたい自分」

のお洋服を作っていくのです。


オーダーの命ともいえるこの「仮縫い」の作業を

若手クチュリエが体験しました。

$サリのブログ

お客様とのコミュニケーションを取りながら

ピンワーク作業は

多くの経験が必要となります。

今回の体験にご協力を頂きました能登原さま。ありがとうございました。

素敵なワンピースを仕上げます。


あ、そうです。

この「仮縫い」は仮、なので、

仮縫いが済んだら、製図を補正して、

全部ほどいて、生地に戻してから

縫製の作業に入ります。


長ーい道のりと多くの作業。

時間も手間もかかりますが、

これが私たちのお仕事。使命なんです。(笑)


手間暇かけた自分だけのオリジナル、自分ブランドのお洋服は

大切に着て頂ける、

「本物」


$サリのブログ